タイトルエリア

ボディーメイン

 
1.お葬式をするにはどのような手続きや準備が必要なの?
葬儀を行う際、手続きや決めなければいけないことが多くあり、それを遺族の方だけで行うのはとても大変です。
そのような手続きのほとんどは私たちが代行いたします。
詳しくは 葬儀の流れページ をご覧ください。
↑このページのトップへ
 
2.亡くなってから葬儀後までの流れを教えて?
ご臨終〜葬儀後(四十九日法要)までの流れは、 葬儀の流れページ でご紹介しています。
↑このページのトップへ
 
3.なるべくお金を使いたくないんだけど、安い費用でお葬式をあげることはできるの?
はい、できます。
葬儀というのはお金のかかるイメージがありますが、ご相談いただければ、内容的にも金銭的にもお客様が満足できる葬儀にすることが可能です。
葬儀プランの一例を プラン紹介ページ で紹介しております。
↑このページのトップへ
 
4.喪主・世話役はどういう基準でどのように選べばいいの?
喪主は基本的には最も故人と血縁の近い方が務めますが、
↑このページのトップへ
 
5.四十九日の法要にはどのようなものを用意しておく必要があるの?
  • お寺様に法要のお願いをします。
  • 親戚や故人と縁の深かった人への案内状の送付
  • 木の位牌は忌明けの後、お寺様に引き取っていただきますので法要までには本位牌を用意します。
  • 忌明けの挨拶を兼ね喪主が香典返しをするのが通常です
  • 法要後は、列席していただいた方々を、お料理やお酒でもてなします。
↑このページのトップへ
 
6.葬儀の際のお手伝いにはどのような役割分担があり、最低何人くらいに頼めばいいの?
  • 喪主:御喪家の代表として弔問客の相手をしたり儀式において会葬者に挨拶をする役目です。
  • 賄い係:通夜や法要時等の飲食の準備、御喪家の家事の手伝い等。
  • 連絡係:町内へお知らせする係です。詳しくは葬儀社、町内会長等に相談しましょう。
  • 会計係:一切の金銭の出入を管理し出納帳にまとめる人です。
  • 受付係:葬儀時の受付を行う人です。
  • 司会:葬儀の進行を行います。
  • その他:葬儀や法要の際の進行を補助する方や送迎の係りが必要です。
必要な人数は規模によってまちまちですので、葬儀社にご相談しましょう。
↑このページのトップへ
 
7.「枕飾り」って具体的にどう飾るの?
枕飾りは以下のようにします。
  • ご遺体を北枕(無理なときは西枕でもよい)に寝かせます。
  • 枕もとに白い布をかけた小さな台を置き、枕飾りを用意します。
  • 水、枕だんご、線香、ローソク、一膳飯、花台(樒・一輪菊)を飾ります。
  • 一膳飯は故人が使っていた茶碗にご飯を丸く山盛りし、箸を真っすぐに突き立てます。
  • 必要に応じ鈴を用意します。
↑このページのトップへ
 
8.「四十九日法要」って何?
葬儀後の最初の大きな法事が、「四十九日」の法要です。 霊は死後四十九日はあの世でもこの世でもない中間的な 世界(中陰とよぶ)にただよっており、死者は四十九日目 閻魔大王に最後の審判を受け来世への行き先が決まる日とされています。
この日は忌明けの日ですので、近親者・友人・知人・僧侶を招いて 埋骨式をし、精進料理をお出しし、大がかりな法要にします。 法要が済んだ後は、列席していただいた方々をお料理やお酒で おもてなしします。
↑このページのトップへ
 

Copyright(c)2007 有限会社 岡部葬祭 All rights reserved.