一般的な葬儀の流れをわかりやすくご説明いたします。見たい項目をクリックしてください。



ご  臨  終
通常、自宅もしくは病院で亡くなります。医師に死亡判定をお願いし、死亡診断書を受け取ります。
末期の水(まつごのみず)などは病院が用意してくれるので指示に従います。
看護士が遺体の処置をした後、お着替えがありますので新しい衣類を用意しておきましょう。
ご遺体の搬送〜安置
次に、ご遺体をご自宅または葬儀の会場へ搬送します。このときに葬儀社に連絡する必要があります。
病院提携の葬儀社に搬送を依頼した場合でも、その葬儀社は搬送のみの依頼とし、葬儀の施行は別の葬儀社に依頼することもできます。
ご遺体が着いたら枕飾りをし、ご遺体を安置します(枕飾りは納棺までの臨時の祭壇です)
このとき、親戚や身内へ連絡しておきましょう。
また、寺院に連絡し、故人の名前や続柄などを伝え、僧侶のご都合を聞き、枕づとめ(故人の枕元で経を読む)に来て頂く日時を決めます。
葬儀の進め方(スケジュール)についても相談しておきましょう。
葬儀の打ち合わせ
葬祭関係者と葬儀の打ち合わせをします。
僧侶と、通夜・葬儀・初七日法要などのスケジュール、戒名・法名(先祖の位牌が参考になります)、
葬儀をつとめる僧侶の人教、送迎、お布施の額などを相談します。
葬儀社に葬儀形式、規模、費用、希望の日程、おおよその会葬人数を伝え、詳細について話し合います。
喪主・世話役などの係を決めます。必要があれば、身内近所や会社関係者にお手伝いを依頼しましょう。
特に喪主は、一般的に故人と最も血縁の深い人がなりますが、年忌法要・墓参りなどを主催していく責任がありますので、慎重に決めましょう。
納     棺
すべて決定したら、納棺をします。
旅立つ故人には経惟子と故人愛用の衣服・手回り品を入れてあげます。
現住所の市区町村役所に「死亡届」を提出し、火葬手続きを行います。
また、友人や勤務先、隣近所、町内会長へ葬儀の旨を連絡します。向こう三軒隣までは直接あいさつに伺いましょう。
↑このページのトップへ
通 夜 の 準 備
通夜は普通夕方6〜7時ころから始めます。
通夜に備え、道案内(指差し)の設置や駐車場の確保は早めに済ませておきましょう。
祭壇など会場の設営を行い、式場に遺体を移動し、席次、生花の札順、名前に間違いがないかを確認します。
僧侶を控室にお通しし、お茶をお運びします。
開 会 〜 閉 会
式開始10分前までには式場に着席をし、全員、合掌礼拝で僧侶を迎えます。
このとき、祭壇に近いところから喪主・肉親・近親者・友人の順に座ります。
僧侶がお見えになったら、一同着席し、司会者による通夜式開式の辞より開式します。
僧侶の読経を拝聴します。読経中に焼香の指示があったら、喪主から順に僧侶に一礼し、焼香します。
読経終了後全員合掌礼拝で僧侶を見送り、司会者による閉式の辞により終了となります。
通夜ぶるまい
弔問客にお食事や酒を出して接待することを、通夜ぶるまいと言います。通夜ぶるまいは手軽なもので会葬者を接待します。
通夜終了後、ころあいを見て喪主または親族代表が通夜のあいさつをおこないます。
弔問客を宴席(通夜振る舞いの席)に案内し、僧侶の方に挨拶をして見送り、
喪主や遺族は通夜振る舞いの席で弔問客の応対をし、全体の前でお礼の挨拶を述べます。
通夜の弔問客は順次お帰りになりますが、お見送りしなくても失礼に当たりません。
夜 伽 (よとぎ)
夜伽とは、近親者が交替で、祭壇のローソクと線香を絶やさないようにお守りすることです。
式場の整理をし、翌日の葬儀の段取り確認をします。
夜とぎをされる方は棺のそばで交替でローソクと線香を絶やさないようにし、それ以外の方は自宅に引き上げます。
最近は翌日の葬儀に備え就寝するケースも増えてきています。
↑このページのトップへ
葬儀式・告別式次第
一般的な葬儀式・告別式は以下のような流れで行われます。

喪主・近親者・親族などの参列者が祭壇前に着席

司会者による開式のことば

僧侶が入場、着席

読経

僧侶の焼香

弔辞・弔電の奉読

喪主の焼香に引き続き親族、来賓、一般会葬者の焼香

読経終了

僧侶が退席

司会者による閉式のことば
↑このページのトップへ
最後のお別れ・出棺
喪主、遺族、親族は祭壇前に集合し、喪主より順に棺に生花を入れ合掌、棺に蓋をし喪主より釘打ちをします。
位牌・遺影・遺骨箱・棺の順で葬列を組み、霊柩車に向かい、喪主または遺族の代表が出棺に先立ちお礼のあいさつを述べます。
向かう方は火葬場に向かうことになります。
火葬・お骨上げ
火葬場係員の指示の下、火葬許可証の提出、棺を炉前に運びます。炉の前の仮祭壇で焼香を僧侶が同行していれば読経をします(納めの式)。
火葬開始後は控え室で待機、終了のアナウンスで火葬場に移り、骨壷に二人一組となりお骨を拾いあげ、お骨壷に入れます。
火葬場・収骨まで来てくださった方へお茶・お酒・お菓子等で接待します。
お骨箱は喪主が持ち、位牌・遺影は血縁の濃い人が持ち、帰ります。
還骨法要(還骨勤行)・精進落とし
火葬場から帰ったら水で手を洗い、塩で清めます。後飾り祭壇に線香・ローソクをともし、生花・供物を供えます。
ご遺骨を祭壇に飾り、僧侶を迎えて還骨勤行を行います。
集合後、僧侶による読経、焼香をします。
(還骨勤行に続いて初七日法要を営むことも多くあります。 初七日法要は親戚、故人の親友、葬儀に際してお世話になった方々などをお招きします。)
還骨勤行の後、葬儀でお世話になった方々に対し酒・料理で精進落としをして、労をねぎらいます。
お礼の意を込めて喪主遺族が接待にあたり喪主の挨拶と共に終了します。
僧侶へのお布施・お膳料を渡します。
葬儀が終わったら
葬儀終了後、事務の引継ぎを行います。
香典、香典・供物の控え帳、弔電・弔辞、会葬者名簿・名刺、会計帳と残金、領収証などを引き継ぎます。
世話役をはじめとして葬儀中に手伝っていただいた方々からの引き継ぎは、なるべく葬儀当日におこなうようにします。
指差しなどの道案内は、忘れずにはずしておきましょう。道路が汚れているときは、清掃しておきます。
↑このページのトップへ
あいさつまわり
葬儀でお世話になった世話役、近所の方、医療関係者、お手伝いいただいた方へお礼もしくはお礼状を送ります。
また、死亡通知や喪中ハガキの送付、香典返しを贈ったり、葬儀費用の見積りと請求書の照らし合わせ、葬儀費用の支払い、形見分けをします。
各種需給申請
健康保険等からの埋葬料、生命保険、遺族年金や厚生年金等に代表される年金の申請、
世帯主変更届や所有権移転登記等名義変更、カードの退会、確定申告等を行います。
各四十九日法要
四十九日の法要について僧侶の方との打ち合わせ、参列する方への連絡等をします。
納骨は四十九日をめどに行います。
納骨は、納骨する場所にもよりますが、納骨場所において僧侶の読経の上、行います。参列者と会食を取ることもあります。
遺 産・遺 言
遺言の確認に始まり、遺産分割、名義変更、相続税の申告といった相続をします。
↑このページのトップへ
 

有限会社 岡部葬祭  埼玉県深谷市山河1288番地1号  24時間受付 TEL:048-585-1001 FAX:048-585-5199 
Copyright(c)2007 有限会社 岡部葬祭 All rights reserved.